消費者金融ニュース キャッシング・ローン情報ブログ

キャッシングローンの比較と最新金融ニュース情報-暮らしと生活にインターネット・キャッシングをプラス!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

消費者金融107社を処分

消費者金融業者の自主規制機関である日本貸金業協会(3561社)は、107社に会員権停止などの処分をした。協会の監査に応じず顧客保護の社内規則も作っていなかったため。改善しなければ除名なども検討する。ただ、営業をやめさせることはできず、実効性には課題が残る。

協会は昨年12月から今年3月末に、内部管理体制の監査を初めて実施。過剰な貸し付けや違法取り立てを防ぐ仕組みが整っているかどうか、文書で回答を求めた。その結果、8割以上の業者で、個人情報保護や苦情への対応方法などを定める社内規則が十分整備されていないといった、不備が見つかった。

さらに、文書回答を拒否し社内規則も提出しなかった業者がいたため、指導を続けてきた。その後も改善が見られなかった81社を、10月から1~6カ月間の会員権停止、26社を譴責(けんせき)にした。処分された業者は名前を協会のホームページ上で公開する。会員権停止期間中は加盟業者の「マーク」も表示できない。

協会は監査に応じるよう勧告し、過怠金の支払いや除名といった追加処分も検討する。ただ、自主規制のため、業者は会員権停止や除名をされても、営業は続けられる。

貸金業法の改正で業者は貸し出しを絞り込んでおり、消費者が業者を選ぶ余地は狭まっている。マークの有無がどれほど効果を上げるかは不透明だ。

(asahi.com 朝日新聞 より)
スポンサーサイト
  1. 2008/11/05(水) 16:11:43|
  2. 消費者金融の比較

プロミス、アコム、武富士が黒字

逆風にもめげず プロミス、アコム、武富士そろって黒字

大手消費者金融のプロミス、アコム、武富士の3社が8日、平成20年3月期の連結決算を発表し、そろって最終黒字を確保した。過去に顧客が払い過ぎた(過払い)利息の返還に備えた引当金の計上が、前の期から大幅に減少したためだ。

ただ、上限金利の引き下げに伴い、貸し出しの審査を厳格にしているため、営業貸付金残高はそろって減少した。

貸付金残高の減少に伴い、売上高にあたる営業収益も下期から三洋信販を子会社にしたプロミスを除く2社で減収を余儀なくされた。プロミスも子会社化した三洋信販による増収分を除けば減収だった。

21年3月期も審査の厳格化などで、引き続き減収傾向は続きそう。過払い利息の返還請求については「高水準が続く」(プロミスの神内博喜社長)とみているものの、3社がそろって最終黒字を見込んでいる。

(MSN産経ニュースより)
  1. 2008/05/15(木) 20:11:17|
  2. 消費者金融の比較

やっぱりプリーバが好き

プリーバの上限金利引下げ決定!

インターネットローンのプリーバでは、平成19年11月1日以降、新規でキャッシングされる方に対する貸出上限金利を18.00%まで引き下げることに決定しました。

そう!本日からです!

初回最高100万円までご融資可能!

消費者金融を比較すれば分かる安心プリーバの魅力は明快です。
  1. 2007/11/01(木) 13:49:51|
  2. 消費者金融の比較

最新キャッシング情報

最近、消費者金融の貸し渋りと低金利化が進んでいます。様々な問題を抱えている貸金業界ですが、必要な時に必要なだけ借りることが可能なシステムは賢い利用者にとって大切です。

モビット
商品名:モビット
実質年率:15.00%~18.00%
融資可能額:最大300万円
審査スピード:即日

プロミス
商品名:フリーキャッシング
実質年率:6.3%~17.8%
ご利用限度額:1~300万円
審査スピード:即日

プリーバ
商品名:ネットキャッシング
実質年率:9.70%~18.00%
融資可能額:最大300万円
審査スピード:即日

イコール・クレジット
商品名:イコール・クレジットNEO
実質年率:6.50%~17.50%
融資可能額:最大300万円
審査スピード:即日

では、ご検討ください!幸運を祈ります。
  1. 2007/06/12(火) 15:33:34|
  2. 消費者金融の比較

キャッシングのススメ

消費者金融の審査なんて問題ない、ショッピングやキャッシングに便利で世界に通用するブランドを比べたいという方にはクレジットカード申し込みが良いだろう。

クレジットカードの審査で落ちた、しかし、自分の属性は良いはずだし低金利のキャッシングにこだわりたい。それなら銀行系ローンはいかがでしょう?

今現在、銀行系カードローンの借り入れがあるが、もっと金利の安いキャッシングへ借り換えをしたいという方には楽天クレジットがおすすめです。

あなたが高学歴で真面目なオタク族なら、そのプライドをくすぐってくれるライブドアクレジット・萌えローンで満足だろう。ホリエモンも喜ぶ。

テレビCMで人気の消費者金融なら安心だ。なぜなら、この世にごまんとあるキャッシングの中でテレビ広告が可能なのはごく一部の貸金業者に限られるからだ。最近はCFJならアイクよりもディックが借りやすい。名誉挽回の為に新規貸付に積極的な武富士にも注目。

しかし、従業員の感じが悪いのはごめんだ、自分にも自尊心があるんだ。そんな方にはマナーが良くて親切丁寧なアコムかプロミスだろう。東南アジア諸国でも貸付を始めている。

インターネットからの申込みは安全性が心配だ、個人情報の保護について不安なあなたにはプリーバが良心的だろう。

一度に複数のキャッシングへ申込みたい、だけど一回ずつの入力が面倒だ、という方には便利な消費者金融一括申込みサービスもある。

有名どころはもうこりごりだ、真面目に働いているのにドコも貸してくれない、本当に相談できる審査が甘い消費者金融を探している。それなら、大手企業ではほのぼのレイクが優しい。レイクが無理ならスタッフィかトライト、それでも駄目ならアエルで決まり。

借入先が増えてしまって困っている、ローン一本化して借金の返済を楽にしたいという方には、おまとめローンの新洋信販でOK!
  1. 2005/12/27(火) 15:14:32|
  2. 消費者金融の比較

インターネット専門の消費者金融

街中に実際の店舗を持たず、貸付を行なっている消費者金融がある。インターネットからの申込みに限定して融資を実行するインターネット系の金融業者(IT系消費者金融)のことである。

インターネットより申込み受付、与信審査を経て、消費者の銀行口座へと振込融資。銀行やコンビニの提携ATM・CD(キャッシュ・ディスペンサー)から借りることも返すことも可能。借り入れから返済まで、お金を借りた金融会社の店舗へと出かける必要も無く、金融会社の社員と顔を会わせることも無い。

テレビCMなどは流されていないので、知名度はやや低いのかも知れない。しかし、インターネットを通じて借金をするなら最適の消費者金融といえる。

代表的なインターネット専門の消費者金融

オリックス・クレジット
オリックス・グループが100%出資している信販業、貸金業を営む会社。

ライブドアクレジット
あのホリエモンでお馴染み、ライブドアのキャッシング。

楽天クレジット
楽天トラベル、楽天証券、楽天市場などで有名な楽天のキャッシング。

イコール・クレジット
SBI(ソフトバンク・インベストメント)グループのキャッシング。

サッカー派よりも野球派が勝る?

柔軟で与信審査基準の甘い消費者金融

とネット・ユーザーから噂され(オリックス・クレジットを除く)、親しみやすく、良い評判が絶えず、人気の高い優良キャッシング。それがインターネット専門の消費者金融といえるでしょう。

該当する貸金業者は、インターネット・キャッシングのプロフェッショナルとして口座数を増やしたく、新規顧客獲得に積極的であるのがその理由の一つといえそうです。

進む低金利化

元より低金利の高額融資が特徴である・・・

イコール・クレジット
実質年率 8.000%~29.200%
融資限度額 300万円

オリックス・クレジット
実質年率 8.700%~12.600%
融資限度額 300万円

最近、それらを追うように金利を下げている・・・

楽天クレジット
実質年率 8.700%~17.800%(2005年8月22日より)7.800%~17.800%
融資限度額 300万円

萌えローンで独自路線を築いたつもりか・・・

ライブドアクレジット
実質年率 18.250%~29.200%
融資限度額 100万円

銀行系カードローンの実質年率は15%~18%、一般的な有名消費者金融の平均が25%程度といわれているので金利面でのお得感が強い。

更に一周年記念キャンペーンとして、期間限定(2005年10月1日~2005年11月30日)でイコール・クレジットが金利を5.0%~24.5%に下げて設定した。

インターネット専門の消費者金融のこれから

一部、年収700万円クラスで30歳代から40歳代の会社員というアッパーミドル層を中心とした顧客層から、貸付金利15%~18%というミドルリスク層の顧客を拡大していく動きがあるものの、やはり、ある程度の口座数を確保した後は、よりリスクの少ない優良な属性を持った顧客を獲得したいと考えるのが自然である。他社からのローン借り換えを狙った様な低金利化の流れもそれを裏付けている。そして、その流れは今後のIT系消費者金融の与信審査基準にも顕著に表れてくることでしょう。

いつまで審査が甘い消費者金融として頼りに出来るものか分からなくなってきました。後で借りようとして却下されるくらいなら、今の内にカード発行だけでも済ませておくことが得策であります。
  1. 2005/10/01(土) 22:57:12|
  2. 消費者金融の比較
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。