消費者金融ニュース キャッシング・ローン情報ブログ

キャッシングローンの比較と最新金融ニュース情報-暮らしと生活にインターネット・キャッシングをプラス!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

消費者金融業者強殺

静岡県静岡市で10月に起きた消費者金融業者強盗殺人事件で、強盗殺人容疑で逮捕された静岡市葵区西瀬名町の会社員、橋本卓也容疑者(38)が、多額の借金を抱えて返済に困っていたことが1日、県警の調べで分かった。県警は同日午前、橋本容疑者の身柄を静岡地検へ送致。詳しい動機や事件の計画性などを追及する。

橋本容疑者は約1600万円の住宅ローンに加え、複数の消費者金融などから計200万円以上を借りていたという。8月には今回の事件が起きた静岡市葵区の消費者金融「キャッシングヒット」を訪れ、数十万の借金を申し込んだが、多額の借金があったため5万円しか借りられなかったという。

事件後、橋本容疑者は消費者金融に借金の一部を返済しており、県警は借金返済が事件の動機につながった可能性が高いとみている。

橋本容疑者の勤務先であるセントラル硝子中部(本社・名古屋市)静岡支店で、同社の宮国則紹社長らは1日会見し、「(橋本容疑者が)金に困っていたという話は一切聞いていなかった。会社の金の着服もない」と話した。

橋本容疑者は大学卒業後、職業訓練校を経て94年4月にアルミ建材会社に就職。その後、別の建材会社2社に勤め、02年4月に現在の会社へ転職した。仕事熱心で営業成績も良かったといい、事件当日の10月7日や翌8日は普段通り出勤し、最近も特に変わった様子はなかったという。

(毎日新聞より)
スポンサーサイト
  1. 2008/12/02(火) 16:56:05|
  2. 新聞

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。